アイピルで妊娠阻止!

アフターピルや低用量ピルを実際に使用した人の体験談

  1. アフターピルの効果-TOP
  2. >
  3. 避妊薬の体験談

アフターピルの体験談

女性

私たち夫婦には現在子供が3人います。これ以上育てるのは色んな事情で難しいと思っていて、主人とももう作らないようにしようと決めていました。避妊具は使っていますが、それでも失敗してしまう事はあるんですよね。その時はたまたま安全日だったので大丈夫でしたが、これが危険日だったらと思うと…
ピルは飲むのを忘れそうなので私には向いていないと思い、調べたら緊急避妊薬というものがあるのを知りました。これを持っておいて、失敗したら飲むようにしようと思いました。ただ、病院だとものすごく高くで10,000円くらいするんですね!もっと安く買えないかと調べたら、通販でも購入できるそうなので、思い切って通販で購入する事にしました。不安でしたが、普通の通販と同じで簡単に購入出来て、12日で届きました。
私が購入したのはジェネリックのアイピルという薬です。1錠1,000円ちょっとで、病院に行く手間もなくてとても便利でした。使う機会がなければ一番良かったのですが、その機会が結構早く来てしまいました…避妊具が破れてしまって、しかも危険日でした。

すぐにアイピルを飲みました。副作用の吐き気がありましたが、何とか我慢して、それからドキドキしながら数日過ごしました。5日目に出血がありました。出血があれば妊娠していないという事だったので、本当に安心しました。アイピルがなければ、中絶という事になっていたかもしれません。
日本では緊急避妊薬はまだよく知られていません。それに保険も適用外です。海外ではもっとポピュラーで保険適用の国もあるそうです。特に若い女性が生んだ赤ちゃんが捨てられていたというニュースを聞くと、心が痛くなります。緊急避妊薬の存在は若いうちから教えておいた方がいいと思います。そうすれば女性も身も心も傷つかずに済み、不幸な赤ちゃんが増える事はありませんから。私は子供たちが大きくなったら、緊急避妊薬や避妊の事をしっかり教えていこうと思います。

低用量ピルの体験談

薬

私はツアーガイドの仕事をしています。ツアーガイドといっても、種類がありまして、私の場合は、日本語以外の言語を話すことが出来ることもあり、海外へ旅行をされるお客様に同行して、ツアーガイドを務めることが多いです。
勿論、私もいってみたい国や、観光スポットなどであればとても惹かれますし楽しみたくもあります。でも、まず楽しんで頂くのは、そのツアーを楽しみに来て頂けたお客さんであり、私はツアーガイドとしての時間を最低限務めた後の自由時間に、少しその町中を歩いてみたり、現地の方々とお話をしたりします。
いつもそういった違う国やスポットへ多くいくこととなるのでとても新鮮な半面、毎回気をつけているのが私自身が浮かれてしまわないことです。お客さんや、同じ会社の同僚には勿論話せないですが、寝る前にホテルのバーで飲んだ後に、少し良い雰囲気になった現地の方とワンナイトの夜を過ごしてしまったり、それなりに少し気持ちが浮ついてしまう傾向がやはり観光スポットではあるので、気をつけるようにしています。

そんなときに私的には必須なアイテムとして、トリキュラーなどの低用量ピルです。どういうことが現場で起こるかわからないのと、やはり私も1人の女であることから、ちょっと旅先でそういったことが考えられる場合もあるので、日ごろからこの避妊薬として低用量ピルを飲み、持ち歩くようにしています。
ですが、長期となる場合となりますと、この低用量ピルなどもあまり錠数を持ち運べない場合があります。そういうときには、アフターピルという避妊薬を持っていきます。さすがに、少し長期の旅先で、5個程このアフターピルを持っていればまかなえるので安心です。
ただ、一緒に同行するお客さんとはそういった関係にはまずならないのは鉄則ですので、あくまで私のようなツアーガイドを目指している女性は特に、気をつけることをお勧めします。結構旅先から帰ってきてから揉めてしまうことがあるので。男性の方であっても、同僚の男性はアフターピルを持っていることを数回みたことがあります。正直、ツアーガイドに限らず女性は特に何がいつ起こるかわからない訳なので、しっかりと避妊薬となるアフターピルくらいは持ち歩く方が良いと私は思います。

避妊薬をもっとメジャーに

女性

私には、現在2人の子供がいます。2人とも30代で妊娠、出産したのですが、中々できにくかったです。いわゆる、不妊症だったのですが、お恥ずかしい話、10代から20代にかけて堕胎したことがあります。しかも1回ではないんですね、なんと3回も。なんでそんな事になったんでしょうかね、今考えると恐ろしくて、考えられません。3人もの命をうばったわけですからね。水子供養と言って、鎌倉のほうまで行ったこともあります。
そこでですね、私と同じ思いをしてほしくないためにもっと避妊薬を若い世代はもちろん同世代にも知ってもらいたいです。避妊って言うと真っ先にコンドームを思い浮かべるかもしれません。もちろんコンドームも大事です。ただですね、コンドームは避妊率が意外にそこまで高くないんです。実際私が妊娠したうちの一回はコンドームを装着してました。え!?コンドームつけてもだめなの?と思いでしょうが。
もちろん着けたほうがいいには決まってます。ただですね、私の場合は古かったのか、行為を終わってから見た時ですね、なんと破れてたんです。そういうこと経験した方多いと思うんですね。私もあらー!やぶれちゃったって感じだったんですが、なんとその時の一回でできてしまったんですね。ほしいときには中々できないのに、って今は思いますけど。

なのでやはりコンドームだけだと不安ですね。そこでやはり、避妊薬の登場ですね。私のお勧めはやはり、ピルですが、ピルはピルでも低用量ピルってのが出てます。低用量ピルはホルモン量が少ないのです。そして身体に負担が少ないというか、及ぼす影響が少ないので、今では一般的に使われています。
トリキュラーという薬があるのですが、やはり最初は病院で処方してもらったほうがいいと思います。ただ、個人輸入でもネットで販売してるみたいです。慣れてる方は個人で使用する分には問題ないですのでチェックしてみてもいいと思います。
ピルなどは生理不順や、生理での影響を抑えてくれるので私も現在飲んでます。ただ、やはり飲み忘れると、避妊にはならないので、必ず用法等守って、忘れずに飲むことが大事ですね。トリキュラーはですね、かなりの確率で避妊できます。臨床実験では99%だと言われてます。
やはり、私は性病予防なども含めて、お薬とコンドーム両方ですね、使用することがお勧めです。私みたいに、あ!やぶれちゃったとならないように、ちゃんと新しいものを使いましょう。

売れ筋ランキング
避妊薬
アフターピルの豆知識
避妊・中絶とは?
避妊薬の購入はこちら
トップ
避妊薬
アフターピルの効果
アフターピル・エラワン
低用量ピル・トリキュラー
避妊薬の体験談
アフターピルの豆知識
アフターピルの副作用
アフターピルの成分
アフターピルの相場
避妊・中絶とは?
避妊の方法
病院での避妊
中絶について

Copyright (C) 2016 アイピルで妊娠阻止! All Rights Reserved.