アフターピルは成分の作用により高い避妊率を誇ります。その有効性は高く多くの薬に使用されています。

アイピルで妊娠阻止!
  1. TOP
  2. >
  3. アフターピルの成分

アフターピルの成分

女性

成分の有効性

アフターピルには「レボノルゲストレル」と呼ばれる成分が含有されています。レボノルゲストレルは、様々な避妊手段として使用されてるホルモン製剤の一つです。1960年代に開発され、1980年代からは避妊薬として悩める女性の手助けをしています。
アフターピルの効果が大きく、人気が高い理由として成分の違いがあります。黄体ホルモンや卵胞ホルモンを含む中用量ピルは、アフターピルより副作用がでやすくなります。しかしアフターピルは黄体ホルモンしか含んでなくて比較的服用しやすく、さらには体に対する負担が軽く副作用が起こりにくくなっています。
黄体ホルモンや卵胞ホルモンは似た働きをし、共に女性が妊娠をするのに必要なホルモンです。黄体ホルモンは妊娠を維持するためには欠かせなく、卵胞ホルモンは妊娠を補助し女性らしい体つきにする作用があります。

アフターピルが普及されるまで使用されてた中用量ピルなどは、吐き気や頭痛などでやすく産婦人科などからアフターピルの導入を希望する声が多くありました。そのような声もあってか、2011年には成分にレボノルゲストレルを含む「ノルレボ」が日本初の緊急避妊薬として厚生労働省により認可が下りています。
現在では、ノルレボのジェネリック医薬品アイピルも売られています。ノルレボとアイピルは共に成分にレボノルゲストレルを含み、効果・効能に違いはありません。さらには安く購入できる利点もあります。

アフターピルはWHO(世界保健機関)の必須医薬品にされ、基本的な保健システムに不可欠な医薬品として認知されています。
アメリカでは一般医薬品に指定され、あらゆる年齢を対象に売られています。一般医薬品とは処方せんなしで購入でき、ドラッグストアなどでも販売してる薬のことです。
日本は海外に比べ、ピルはあまり普及してないと言われています。アメリカでは1960年にはピルが認可されており、70年代には低用量ピルが使用されています。
日本で初めてピルが承認されたのは1999年です。国連に加盟してる国でピルが未承認だったのは日本だけです。日本はピルの解禁には慎重であり、理由の一つにコンドームの使用率の低下によりエイズ感染者が増加するのではないかという懸念もされていました。 現在ではアフターピルも多くの産婦人科で処方されるようになり、しだいに認知度も高まりつつあります。
アフターピルは成分が体に作用し、性行為後72時間以内に飲めば95%以上妊娠を阻止することも可能です。成分に含まれる黄体ホルモンが排卵を抑制し、妊娠しにくい状態へと体を導きます。この高い避妊率により、アフターピルは世界的にも高い人気を誇っています。

避妊薬の購入はこちら
避妊薬の売れ筋ランキング
避妊薬の効果・効能
アフターピルの詳細
避妊・中絶とは?
避妊薬の体験談
低用量ピルのマーべロン
避妊薬の効果・効能
アフターピルの効果
緊急避妊薬エラワンの効果
低用量ピルトリキュラーの効果
アフターピルの詳細
アフターピルの副作用
アフターピルの成分
アフターピルのQ&A
アフターピルの購入方法
避妊・中絶とは?
避妊の方法
病院での避妊
中絶について
避妊薬の体験談
もしもの時の為のアイピル
ツアーガイドの必須アイテム
避妊薬をもっとメジャーに
避妊薬を飲ませたがる理由
風俗と避妊薬

Copyright (C) 2016 アイピルで妊娠阻止! All Rights Reserved.