もしも中絶となってしまったらどのような処置をするのでしょうか。また中絶とならない為の方法は?

アイピルで妊娠阻止!
  1. TOP
  2. >
  3. 中絶

中絶

手術

中絶するとなってしまうと、女性は心身ともに大変傷ついてしまい、一生引きずる方が多い事です。もしも中絶しなくてはいけない場合、当然ながら病院で診察してもらう事になりますが、妊娠には、12週未満の妊娠初期と、12週から21週の妊娠中期があります。21週以降の中絶は、医師が認めた場合を除き、法律で禁じられています。
妊娠初期の場合、掻爬法または吸引法という方法で行われます。子宮口を開いた上で、器具を使って胎児と胎盤を除去、または吸引します。通常は10分から15分の手術で済みます。痛みや出血はあまりないので、特に問題がなければその日のうちに帰宅できます。
妊娠中期の場合は、子宮口を開いた後、子宮収縮剤で人工的に陣痛を起こして流産させます。体に負担がかかるので、数日の入院が必要になります。中期の場合は役所に死亡届を提出しなくてはならず、胎児の埋葬許可証をもらう必要があります。水子供養がこれにあたります。

中絶をすると、月経不順などの月経異常が起こる事があります。子宮や卵管が感染症などで炎症を起こしてしまうと、不妊症や子宮外妊娠の原因となる事があります。流産や死産、早産の確率もあがってしまいます。このような危険は、中絶を繰り返すほど高くなります。
肉体以外にも精神的な負担も大きく、罪悪感に一生苛まれる女性も少なくありません。また、子供を見る事が嫌になってしまったり、男性から裏切られた末の中絶であった場合には男性不信にもつながります。

中絶を防ぐには

もしも望まない妊娠となった場合、中絶は早ければ早いほど体への負担は少なくて済みます。しかし、月経が遅れるなど、妊娠かもしれないと思った時には既に4週間から7週間になっているケースが殆どです。
もしも妊娠したかもしれないという事があったら、すぐにアフターピルを服用するようにしましょう。アフターピルの効果72時間以内であれば、高い確率で妊娠を防げます。こちらも少しでも早く服用する方が避妊できる確率は高いです。
少しでも妊娠の可能性があったら、一刻も早くアフターピルを服用しましょう。中絶する事で、肉体的心身的に傷つく事を防ぐことができます。女性であれば、もしもの時の為に常備しておくのがお勧めです。今は病院に行かずに通販で購入する事も出来るので、是非利用しましょう。

避妊薬の購入はこちら
避妊薬の売れ筋ランキング
避妊薬の効果・効能
アフターピルの詳細
避妊・中絶とは?
避妊薬の体験談
避妊薬の効果・効能
アフターピルの効果
緊急避妊薬エラワンの効果
低用量ピルトリキュラーの効果
アフターピルの詳細
アフターピルの副作用
アフターピルの成分
アフターピルの相場
アフターピルのQ&A
アフターピルの購入方法
避妊・中絶とは?
避妊の方法
病院での避妊
中絶について
避妊薬の体験談
もしもの時の為のアイピル
ツアーガイドの必須アイテム
避妊薬をもっとメジャーに
避妊薬を飲ませたがる理由
風俗と避妊薬

Copyright (C) 2016 アイピルで妊娠阻止! All Rights Reserved.