Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/m030b351/public_html/ba7ar.org/common/common.php on line 210

Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/m030b351/public_html/ba7ar.org/common/common.php on line 210

Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/m030b351/public_html/ba7ar.org/common/common.php on line 210

Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/m030b351/public_html/ba7ar.org/common/common.php on line 210
低用量ピルの副作用|いつからいつまで?
アイピルで妊娠阻止!

低用量ピルの副作用はいつからいつまで続くかや、眠気・頭痛などの症状

  1. アフターピルとは?-TOP
  2. >
  3. 低用量ピルの副作用

低用量ピルの副作用

副作用

低用量ピルの使用をためらう理由として、「副作用はいつからでるの?」「どんな副作用がでるの?」「副作用が怖くて飲めない…」などあります。日本でピルが普及しないのも、このような副作用に関することが理由としてあげられています。
一般的には、副作用が起こらない薬はないと言われています。病院で処方される薬や、薬局・ドラッグストアで市販されている薬は、すべて大なり小なり副作用が起こる可能性があります。
副作用は体に悪影響を及ぼす症状もありますが、すべてがそうではなく臨床試験などでは治療に役立っています。

重要なことは用法・用量を正しく守り、服用中は体調の変化に注意しなければなりません。
基本的に低用量ピルは、1日1錠飲みます。効果をすぐに得ようとして、1日2錠・3錠と飲んだりすると副作用が起こりやすくなります。
風邪を引いて体調がすぐれない時などに飲むと、さらに体調を悪化させることもあります。体調がすぐれない時は一旦飲むのを中断して、回復したら再度飲み始めましょう。

低用量ピルは世代を重ねるごとに副作用がでにくくなり、でたとしても軽い症状がほとんどです。「ピル=重い症状の副作用」というイメージをもたれてる人もいるかと思いますが、決してそうではありません。
副作用は飲み始めていつから起こるかや、どのような症状の副作用がでるかを知れば、気持ちも楽になり安心して低用量ピルを飲み続けられるかと思います。
アフターピルの副作用も知りたい人は、下記リンク先からご確認できます。

アフターピルの副作用はこちら

副作用はいつからいつまで?

個人差もありますが、副作用は飲み始めてからすぐにでる傾向があります。副作用のでる期間は、2~3日で治まるケースもあれば1シート飲んでる間続くこともあります。でたとしても軽い症状がほとんどで、たいていは飲み続けているうちに治まります。
飲み始めてすぐだと体がピルに慣れてないので副作用を起こしやすくなりますが、飲んでいるうちに自然と体に馴染んでくるようになります。
症状は個人差もあるので人それぞれですが、ひどかったり気になるようなら飲む種類を変えてみるのも一つの手です。

低用量ピルの種類を変えるタイミングとしては、1シート(21錠・28錠)を飲み終えた後です。21錠入りを飲んでる人なら21錠を飲み終えた後、28錠なら28錠を飲み終えた後に種類を変えましょう。
新しいピルを飲み始める時期は、「デイワンスタートなら生理初日」から「サンデースタートなら生理がきた週の日曜」から飲み始めましょう。
低用量ピルは、28日周期で飲み続けます。21錠タイプだと21日間飲んだ後7日間休薬するので、28日目の休薬期間が終了した翌日の29日目から飲み始めることもできます。22日目から飲み始めても避妊効果は継続しますが、不正出血になる可能性もあるのでなるべく休薬期間をもうけましょう。


女性

低用量ピルとは?
ピルにはアフターピルの他に、低用量ピルもあります。アフターピルは性行為後に飲みますが、低用量ピルは生理が始まった日から一定期間飲みます。一般的にはピルと呼ばれており、ピルといえば低用量ピルを意味します。避妊効果はもちろんのこと生理不順・生理痛や…[続きを読む]

副作用のでやすい人は?

副作用の症状はさまざまあり、でやすい人の特徴もあります。「婦人科疾患になったことのある人」「40歳以上」「肥満」「喫煙者」はでやすい傾向もあります。
子宮内膜症・子宮筋腫や乳がんなどの婦人科疾患になったことのある人は、再発する可能性もあるのでご使用の際は医師に相談しましょう。

40歳以上の人や肥満の人は心血管系の副作用が起こりやすく、心筋梗塞や狭心症になることもあります。
ピルとタバコの相性は非常に悪く喫煙しながら飲み続けると、心筋梗塞や血栓症のリスクが高まります。副作用のリスクを少しでも下げるためにも、飲み続けてる期間中は禁煙するように心がけましょう。

低用量ピルの副作用「眠気」

眠気

低用量ピルを飲むと、眠くなるという話をよく耳にします。眠気が襲ってくると、日常生活に支障をきたし運転をする人は命に関わることもあります。この項目では、眠気の原因や対処方法をご紹介しています。

眠気の原因や対処方法

眠気の副作用は、飲み始めにでやすい症状です。眠気はマイナートラブル(妊娠中に起こる治療する必要のない不快症状)のひとつで、ピルを飲むことで体が妊娠してる状態に近くなったため起こります。
ピルには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が含まれています。

基礎体温は、この二つのホルモンが分泌することで上下し高温期と低温期になります。
眠気は、高温期から低温期になると訪れます。黄体ホルモンは体温を上げる作用があり、ピルを飲むと高温期が継続します。高温期が続くため夜になっても体温が下がりにくく、寝れたとしても深い眠りにつくことができません。

これらのことから、良質な睡眠がとれないため起きてる間に眠気を感じやすくなります。妊婦さんが「妊娠中はよく眠くなる」と言うのも、ホルモンによる体温の上下が関わっています。
睡眠のゴールデンタイムは、22時~深夜2時です。この時間帯には就寝するようにし、良質な睡眠をとるためには下記のことを念頭においてください。

・就寝時間や起床時間を一定にする
・就寝前はテレビ・パソコン・スマートフォンの使用を控える
・就寝前はアルコール・カフェインが含まれたものを飲まない
・就寝前に軽めのストレッチをする
・就寝1時間前には、ぬるめのお湯で入浴する
・起床時に日光を浴びる

この他には、低用量ピルの服用を就寝前にするのも眠気対策には効果的です。実際、眠気が少なくなったという人の声をよく耳にします。
注意点として、低用量ピルは24時間おきに飲むことでより効果があらわれます。「今日は就寝前」「明日は起床時」などと飲む時間をバラバラにせず、就寝前なら毎日就寝前に飲むようにしましょう。
眠気はでない場合もありでたとしても、おおよそ1~2週間ほどで治まります。ホルモンバランスが乱れたことによる一時的な症状なので、でた場合は休息をとり運転は控えましょう。

低用量ピルの副作用「頭痛」

頭痛

頭痛は飲み始めや休薬中に起こりやすい症状で、眠気と同じくマイナートラブルのひとつで吐き気や肩こりをともないます。過去にイギリスの専門機関が行った研究によると、頭痛はピルの服用を中止した理由の2位になっています。
頭痛は吐き気や肩こりも同時に起こるのでつらい症状ですが、原因や対処方法を知れば安心して服用を続けられるかと思います。

頭痛の原因

頭痛はホルモンバランスの乱れや、セロトニンの低下が原因になります。女性らしさを保ち生きていくためには、女性ホルモンは必須となります。
必須にも関わらず、一生のうちで分泌する女性ホルモンはスプーン一杯分(5cc)と言われています。微量でも体への影響力は大きく、低用量ピルに含まれる女性ホルモンを体に取り入れるとバランスが乱れます。
ホルモンバランスが乱れると、血管が拡張して痙攣(けいれん)が起こります。血管の拡張と痙攣が頭痛の引き金となり、発症へと至ります。

セロトニンは、神経伝達物質のひとつで精神を安定させる働きがあります。ピルに含まれる卵胞ホルモンと体内のセロトニンは、互いに影響し合います。
ピルを飲んでる期間中は、体内に一定の卵胞ホルモンが存在します。休薬期間になると、ピルを飲まなくなるので卵胞ホルモンが減少して同時にセロトニンも減少します。
セロトニンは、血管を調節して頭痛を抑制する作用があります。そのため、セロトニンが減少すると血管が拡張して抑制する作用も弱まり頭痛が起こります。

頭痛持ちでも低用量ピルは飲める?

頭痛は女性がなりやすい病気なので、お悩みの人も多いかと思います。頭の片方に痛みが走る片頭痛は20~40代の女性に多く見られ、30代の女性の5人に1人は発症経験があると言われています。
低用量ピルを飲んでる最中にひどい頭痛になれば、痛み止めなどと併用しても問題ありません。しかしながら、慢性的な頭痛がある人はピルのご使用を控えたほうが賢明です。
頭痛があるにも関わらず飲み続けてると、症状がさらに悪化することもあります。中には体の感覚がにぶくなり痛みやしびれがでる感覚障害や、言葉が話しにくくなる失語性言語障害になる可能性も少なからずあります。

女性

慢性的な頭痛もなく痛みも軽ければ飲み続けても問題ありませんが、少しでも異常を感じるなら服用を中止しなければなりません。頭痛が起こりにくい低用量ピルもあり、種類を変えれば治まることもあります。
トリキュラーなどの3相性ピルは、ホルモンの量が段階的に変化するため本来の女性ホルモンのサイクルに近くなっています。そのため、ホルモンバランスの乱れが少なく頭痛が起こりにくくなります。
頭痛でお悩みの人は、国内のシェア率がNo.1と言われるトリキュラーのご使用をおすすめします。

低用量ピルの副作用「腹痛」

腹痛

腹痛もマイナートラブルのひとつで、比較的起こりやすい副作用です。低用量ピルの副作用として起こる腹痛は、一般的な腹痛と異なる点があります。
腹痛というより生理痛に似た症状が多く、下腹部にチクチクとした鋭い痛みやにぶい痛みが起こります。頻繁に起こりやすく、腹痛の後に下痢をすることもあります。
低用量ピルを飲んで3時間以内に下痢をした場合は、体に吸収されてない可能性があるので再度飲む必要があります。3時間以上経過して下痢をした場合は、再度飲む必要はありません。

腹痛が起こりやすいタイミングは?

腹痛は「飲み始め」「飲み忘れ」「休薬期間中」のタイミングで起こりやすくなります。この時期は、下腹部を冷やさないなど体調管理が必要です。
ひどい場合は、痛み止めを飲んだり病院に行きましょう。市販の痛み止めでも、低用量ピルとの併用は問題ありません。

低用量ピルを飲み始めた頃は、体内のホルモンバランスが乱れるため腹痛が起こりやすくなります。時間の経過とともにホルモンバランスは安定してくるので、それほど気にする必要はありません。
飲み忘れたり休薬期間に入ると、低用量ピルの効果が弱まり子宮内膜が剥がれ出血をすることがあります。子宮内膜が剥がれると、プロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このプロスタグラジンが過剰に分泌されると、子宮を収縮させ腹痛や生理痛の原因となります。

便秘に注意!腹痛の対処方法は?

低用量ピルに含まれる黄体ホルモンは別名「不通ホルモン」と呼ばれ、子宮だけでなく大腸の働きも抑制し体の水分を吸収します。
大腸の働きが抑制され水分が吸収されると、腸内の便を柔らかくして排便する機能が低下します。そのため、便秘になり腸に大便がつまることで腹痛が起こります。

便秘を原因とする腹痛は、便秘を解消しなければ治まりません。対処方法として、「水分を多めにとる」「適度に運動をする」「食物繊維をとる」などあります。
便秘は水分不足が原因でなることもあります。水分不足になると、便が固くなり排出がスムーズにできなくなります。水分補給の際は一度に大量の水分をとるのではなく、こまめに何度も飲むようにしましょう。
便秘を改善するには、毎日適度に運動をすることがとても効果的です。毎日30分~1時間ほどのウォーキングをしたりすると、便秘を解消できる可能性が高まります。

食物繊維の便秘解消効果は大きく、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つがあります。水溶性食物繊維は、水に溶け便をやわらかくする効果があります。
水溶性食物繊維を多く含む食べ物には、「海藻類(昆布・ひじき・もずく・ワカメ)」「こんにゃく」「アボガド」「オクラ」などあります。
不溶性食物繊維は、腸を刺激することで便の排出を促がす効果があります。ダイエット中の食事制限による便秘にも効果がありますが、不溶性食物繊維をとりすぎると逆に便秘を悪化させることもあるので注意してください。
不溶性食物繊維を多く含む食べ物には、「野菜類:かぼちゃ・ごぼう・トウモロコシ」「豆類:いんげん豆・えんどう豆・大豆・小豆」「えのき茸」「さつまいも」などあります。

低用量ピルの副作用「吐き気」

吐き気

吐き気は起こりやすい副作用のひとつで、低用量ピル服用者の過半数が経験しています。夜中に突然目が覚めて吐き気を催したり、頭痛とともに症状があらわれることもあります。ほとんどは吐き気で治まりますが、症状がひどくなると嘔吐をすることもあります。
副作用が怖いという気持ちがあると、軽い症状の吐き気でも体が敏感に反応してしまいます。吐き気は飲み始めに起こりやすい一時的な症状で、飲み続けていくうちに体が慣れ自然と治まります。定量量ピルを飲む際は、できるだけリラックスして精神的にゆとりを持って飲み続けるようにしましょう。

吐き気の原因

低用量ピルを飲むと体内の黄体ホルモンと卵胞ホルモンの濃度が一時的に高まり、それが原因で吐き気が起こります。
黄体ホルモンは、血糖値を下げる効果のあるインスリンの作用を低下させることがあります。食事をとると血糖値は上昇しますが、インスリンの作用により低下し正常値になります。
インスリンの作用が低下すると、体内でインスリンの分泌が過剰になります。その結果として血糖値が急激に下がり、低血糖の症状があらわれます。低血糖の症状があらわれると、神経細胞が集まる中枢神経が刺激され吐き気を催します。
卵胞ホルモンは脳にある嘔吐中枢を刺激する働きがあり、濃度が高まることで刺激する働きが強まり吐き下が起こります。同時に臭覚を敏感にする働きもあり、普段は気にならないような匂いも敏感に感じ取り吐き気を催します。

もし嘔吐したら?対処方法は?

ほとんどは吐き気で治まりますが、中には嘔吐をすることもあります。もし嘔吐したとしたら、飲んでからの時間経過によって対処方法が異なります。
低用量ピルを飲んで3時間以内に嘔吐したら、新たに飲む必要があります。新たに飲む時間は、嘔吐した時間から12時間以内に飲むようにしましょう。飲むのは1日1錠を基本としていますが、嘔吐した場合は1日2錠に飲んだとしても問題なく避妊効果にも影響ありません。
飲んでから3時間以上経過している場合は、体内に成分が吸収されているので新たに飲む必要はありません。避妊効果にも影響はないので、そのまま1日1錠を飲み続けるようにしましょう。

症状がひどい場合は、市販の胃腸薬などを併用しても問題ありません。頭痛も同時に起こった場合は、頭痛薬の併用もできます。
空腹時や早朝に飲むと、吐き気を起こしやすくなることもあります。おすすめの時間帯は、夕食後や寝る前です。
低用量ピルをピルカッター(錠剤を割る道具)で半分に割り、12時間ごとに飲むのもおすすめです。低用量ピルを半分にすると中に含まれる成分も半分になるので、ホルモンバランスの乱れも減少して症状が軽くなります。

低用量ピルの副作用「体重増加」

体重増加

「ピルを飲むと太る」、この言葉を聞いたことのある人は多いかと思います。女性にとって体重増加は、かなり深刻な問題です。「太るからピルは飲まない!」という人もいることでしょう。
低用量ピルを飲んだすべての人の体重が増加するわけではありませんが、実際のところ体重が増加したという声も聞こえています。体重増加は個人で差があり、飲んでいるピルの種類・相性や体質が大きく影響しています。この項目ではお悩みの人のために、原因や対処方法などをご紹介しているのでご参考ください。

体重増加の原因や対処方法

体重増加は、低用量ピルに含まれる黄体ホルモンと卵胞ホルモンが原因となります。ホルモンの影響で、「食欲が旺盛になる」「体の水分が増加する」「体に脂肪がつく」これらの症状がでてきます。
黄体ホルモンには、食欲を増加させる働きがあります。生理前に、甘いものや脂っこいものが食べたくなるのも黄体ホルモンが影響しています。排卵が始まると同時に黄体ホルモンは増加し、それにともない食欲も増加していきます。
低用量ピルを飲むと、生理前と同じような状態になり食べたいという気持ちが強まり食欲も増加します。飲み始めて約3ヶ月間は食欲旺盛な日が続きやすいので、摂取カロリーを控えたり適度に運動するなどしましょう。

卵胞ホルモンは、腎臓から塩分が排出されるのを抑制したり脂肪を増やす働きがあります。塩分の排出が抑制されると、水分を吸収しやすくなってむくみやすくなり水分の重さだけ体重も増加します。
水分がたまると保水力が高まり肌に好影響をもらたしますが、低用量ピルを飲んでる期間中はできるだけ塩分の少ない食事をとるように心がけましょう。
卵胞ホルモンは別名「美人ホルモン」と呼ばれることがあり、腰まわりや太ももに皮下脂肪をつけ女性らしい見た目にする働きもあります。脂肪がつくことで体重増加につながりますが、同時に胸が大きくなる効果もあります。

低用量ピルをやめたり休薬期間に入ると、体重は自然と減少していきます。1シートを飲み終えた後に休薬期間を取りながら体調を整え避妊効果を得るので、体重が急激に増えたからといって低用量ピルをやめては元も子もありません。
塩分が少なめの食事をとり、1日1時間ほどウォーキングをしながら体重管理をすることも重要です。むくみもマッサージをすれば、ある程度は解消されます。
低用量ピルはあらかじめ飲むことで避妊効果があらわれます。もしどうしてもきついようなら、アフターピルを利用するのもひとつの手です。

アフターピルとは?

太らない低用量ピルはある?

体質にもよりますが、基本的にはどの種類のピルを飲んでも太る可能性はあります。過去には低用量ピルではなく、中・高用量ピルが推奨されており、体重増加などの副作用も多く起こっていました。
中・高用量ピルは低用量ピルよりホルモンを多く含んでいるので、それだけ副作用も起こりやすくなります。そのせいか、未だに「ピル=太る」というイメージがもたれています。

低用量ピルは、中・高用量ピルよりホルモン量は少ないですが避妊効果に変わりはありません。体重が増加したとしても数キロほどで、日本で行われた臨床試験では体重の増減が2キロに落ち着いたという結果もでています。
現在では、低用量ピルの種類の中には「超低用量ピル」もあります。超低用量ピルは、低用量ピルより含まれるホルモン量をさらに減らし副作用を起こりにくくしたピルです。

足

第4世代と呼ばれる最新世代のピルは超低用量ピルが多く、その中でも人気なのが「ヤーズ」です。
超低用量ピルはどちらかというと、避妊目的より生理不順や生理痛を改善する目的として使われています。むくみをとる効果も大きく、体重が増えるのではなく逆に減ることもあります。
超低用量ピルは体重増加が気になったり生理不順や生理痛を改善しむくみをとりたい人にはおすすめのピルです。

低用量ピルの副作用「イライラ」

イライラ

低用量ピルを飲むとイライラして情緒不安定になり、PMS(月経前症候群)と似たような症状の副作用が起こることもあります。
PMSは生理がくる3~10日前に起こりやすく、「イライラする」「情緒不安定になる」「憂鬱な気分になる」「落ち着かない」「集中できない」などの症状があらわれます。これらの症状はごく一部で、不快になる症状は200種類以上とも言われています。
PMSの認知度は低く自覚症状はあるものの、何の病気か分からず悩んでる女性が多くいます。副作用として起こる症状は、PMSほどひどくはありませんがイライラなどは似た症状になります。

※参考:PMSとは?

イライラがでるのはいつから?

イライラは、飲み始めの1シート目や休薬期間に起こりやすい副作用です。1シート目でも、3日目頃にでる人もいれば1週間ほど経過してでる人もいます。
低用量ピルに含まれる黄体ホルモンと卵胞ホルモンが原因となり、体内のホルモンバランスが乱れることによりイライラが生じます。イライラと同時に情緒不安定になり、気分が落ち込んだり精神的に不安定になるなどの症状があらわれることもあります。
生理前になると、イライラが激しくなることもあります。うつ病など精神疾患を患ってる人は症状が悪化することもあるので、低用量ピルの使用可否について主治医と相談してください。

イライラは、飲み続けていくうちに体が慣れ自然と治まります。イライラは治ってるのにも関わらず、頭痛や腹痛などのマイナートラブルに悩まされそれが原因となりイライラすることもあります。
症状がでてる期間中は、安静に過ごし無理は禁物です。特に1シート目は、イライラがでやすいの注意してください。
症状が中々治まらない場合は、PMDD(月経前不快気分障害)の可能性もあります。PMDDは精神面に強い影響を及ぼし、「うつが激しくなる」「極度に緊張する」「強い不安を感じる」などの症状があらわれます。日常生活に支障をきたすこともあるので、服用を中止したりしっかり休養をとるなどしましょう。

避妊薬の種類
避妊薬の豆知識
避妊・中絶とは?
売れ筋ランキング
トップ
避妊薬
アフターピルとは?
アフターピル・エラワン
低用量ピルとは?
アフターピルの豆知識
アフターピルの副作用
アフターピルの成分
アフターピルの相場
低用量ピルの副作用
避妊薬の体験談
避妊・中絶とは?
避妊の方法
病院での避妊
中絶について

Copyright (C) 2016 アイピルで妊娠阻止! All Rights Reserved.