あらかじめ避妊したい場合は病院で手術や器具でする方法もあります。避妊に失敗した場合はアフターピルの処方が一般的です。

アイピルで妊娠阻止!
  1. TOP
  2. >
  3. 病院での避妊

病院での避妊

医師

避妊に失敗してしまった!という場合、産婦人科の診察を考える方が多いかと思います。また、妊娠を望んでいないので、あらかじめ避妊しておきたいという事もあるかと思います。そのような場合、病院ではどのような方法があるのでしょうか。

避妊手術

手術する事によって卵子や精子の通り道をふさいで、受精出来ないようにします。男性と女性、どちらも手術が可能です。男性の場合は日帰りで出来ますが、女性は入院が必要になります。また、避妊効果は高いですが、その分、特に女性の場合、一度手術をすると元に戻す事は困難なので、よく考える必要があります。

IUS(子宮内避妊システム)

子宮内に小さな器具を入れて、着床を防ぎます。失敗率が低く、1度の装着で2年から5年は有効とされています。ごく稀に自然に外れてしまう事もあります。1年に1度は婦人科で検診してもらう事が推奨されています。また、出産経験のない女性は出来ない事もあるので、事前に医師に相談して下さい。

ピルの処方

薬

避妊に失敗してしまった場合、性交の後に服用するアフターピル、事前に避妊したいという場合には低用量ピルが処方されます。医師の指導があれば安心して服用出来ますが、アフターピルの効果を発揮するにはは、飲む時間の早さが大切になります。性交の後、飲むのが早ければ早いほど避妊率が上がる為です。しかし、実際には、もしもそのような事が起こった場合、病院に行く時間がない、待ち時間が長い、病院がしばらく休みだった、という事態も考えられます。一刻を争う事なので、女性の場合、アフターピルは万が一の為に常備しておいた方が安全です。婦人科に行くのには恥ずかしいという方も、今は通販で誰にも知られずに購入する事ができます。

手術や器具の装着などをお考えでない場合、殆どがピルの処方となります。病気や服用薬などが特にない方は、病院に行くよりも通販で購入する方が時間も手間もかからず、価格も安く済むのでお勧めです。

避妊薬の購入はこちら
避妊薬の売れ筋ランキング
避妊薬の効果・効能
アフターピルの詳細
避妊・中絶とは?
避妊薬の体験談
避妊薬の効果・効能
アフターピルの効果
緊急避妊薬エラワンの効果
低用量ピルトリキュラーの効果
アフターピルの詳細
アフターピルの副作用
アフターピルの成分
アフターピルの相場
アフターピルのQ&A
アフターピルの購入方法
避妊・中絶とは?
避妊の方法
病院での避妊
中絶について
避妊薬の体験談
もしもの時の為のアイピル
ツアーガイドの必須アイテム
避妊薬をもっとメジャーに
避妊薬を飲ませたがる理由
風俗と避妊薬

Copyright (C) 2016 アイピルで妊娠阻止! All Rights Reserved.