アフターピルの効果は、飲むのが早ければ早いほど高まり「95%以上」防ぐこともできます。

アイピルで妊娠阻止!

アフターピルの効果

男女

アフターピルはモーニングアフターピルと呼ばれることもあり、緊急時の避妊薬として使用されています。その特徴は高い避妊率にあり72時間以内に服用すれば、性行為後の妊娠を95%以上防ぐ効果・効能があります。95%以上の高い避妊率を誇るには理由があり、受精卵が子宮内膜に到達するまでに妊娠しにくい環境を作りだすことができます。
このため「もし避妊に失敗したらどうしよう…」などの不安を解消し、パートナーと楽しい一時を過ごすことができます。また、アフターピルの効果を知ることにより、服用のタイミングを逃すことなく副作用が起きたときも冷静に対処することができます。
アフターピルは「アイピル」や「ノルレボ」などの種類が販売されており、通販や産婦人科などで入手可能です。望まない妊娠は自分だけでなく、周りの家族なども不幸にすることがあります。さらに肉体的・精神的ダメージは計り知れず、その後の人生まで左右することもあります。
「性行為中にコンドームが破れた」「不運にもレイプされた」など、妊娠に思い当たる節があればできるだけ早く使用したほうが良いでしょう。

アフターピルの効果時間

お腹

アフターピルを服用すれば高い避妊率を誇りますが、時間が経過するにつれ効果が弱くなります。そのため、効果を最大限に発揮するには時間との勝負が必要になります。以下に、性行為後の時間経過に対する避妊率を掲載してるので参考にご覧ください。

服用までの時間 避妊率
12時間以内 99.5%
13~24時間 98.5%
25~36時間 98.2%
37~48時間 97.4%
49~60時間 96.9%
61~72時間 95.9%
73~120時間 60%

ご覧のように72時間(3日)以内なら95%以上の高い避妊率を誇りますが、72時間を過ぎると60%にまで下がります。このため少しでも不安に感じたら、即座に対処する必要があります。
72時間以内の服用が、高い避妊率を誇るのには理由があります。受精から着床するまでは約96~120時間かかります。着床とは、受精卵が子宮内膜で結合し妊娠が成立することです。その着床するまでの時間内で、アフターピルを使えば妊娠する確率は大幅に減少します。そのため72時間以内の服用が最も効果的とされています。
72時間を過ぎても120時間(5日)以内であれば60%の避妊率があります。しかし個人差もありますが、確率的には40%の人は妊娠する可能性がでてきます。一定の効果があるとはいえ、やはり少しでも妊娠の可能性に心あたりがあるなら72時間以内に服用したほうが賢明でしょう。

一般的に避妊なしで、性行為をした場合の妊娠率は約85%とされています。コンドームを用いても5~15%は妊娠することもあります。また膣外射精(外だし)をしても約10~20%は妊娠する可能性があり、完全に妊娠を防ぐことはできません。
さらに性行為中にコンドームが破れたり、膣外射精をしても膣内に精子が残ることもあります。排卵期に性行為をすると、さらに妊娠する確率が上がります。また年齢による妊娠率も差があり、20代や30代ほど妊娠する確率があがります。コンドームを嫌がる男性も中にはいることでしょう。
しかし避妊に失敗したとしても、アフターピルを用いればほぼ妊娠を防ぐことができます。最も重要なのは、時間との戦いで72時間(3日)以内です。性行為後に慌てて病院に行くのではなくアフターピルを常に携帯することをオススメします。しかし使いすぎは副作用を起こすこともあるので、用法用量は必ず守って服用してください。

効果はいつからいつまで?

女性

一般的に、妊娠すると黄体ホルモンや卵胞ホルモンの分泌が増加します。緊急避妊薬を服用することで、これらの分泌物を急速に減少させる効果をもたらします。
妊娠すると子宮内膜は厚くなりますが、成立しない場合は子宮内膜が剥がれます。服用すると着床が起こらずに、不必要な子宮内膜が剥がれ落ちて出血します。緊急避妊薬は多量の女性ホルモンを摂取し、強制的に体を妊娠しにくい状態にします。そして人為的な月経を起こすに至ります。
この症状を消退出血と呼びます。服用してからおおよそ3日~3週間でこの消退出血が起こります。この期間に出血があれば、避妊は成功しています。個人差もありますが1週間以内に出血がくる人が多く、期間は通常の月経よりも短くおおよそ3~4日ほどです。

また服用してから3日以内に消退出血があった際は別の原因が考えられ、婦人科系の疾患や以前の性交で妊娠した可能性もあります。もし3日以内に消退出血があったり、通常の月経が来た後に少量の出血があった場合は妊娠初期の不正出血の可能性もあるので早めに検査をしましょう。3週間経っても出血がない場合は妊娠している可能性があるので、この場合も早めに検査をしたほうが良いでしょう。
出血量も、服用したタイミニグによって差があります。排卵日直後の場合は剥がれ落ちる子宮内膜の量が少ないため、出血量は少なくなります。また排卵直後に服用すると、排卵出血なのか消退出血なのか区別がつかないこともあります。排卵日から日数が経っていると、普段の月経と同程度と言われています。まれに月経が終わったばかりの時は、消退出血がない場合もあります。

以上のように、基本的には消退出血があったかどうかで避妊ができているか判断をします。しかし月経の時期や個人差などもあるので、100%とは言えません。もしどうしても気になるようなら、産婦人科で検査をしたほうが良いでしょう。

低用量ピルとの違い

女性

避妊薬には、大きく分類して2種類ある事をご存知ですか?それは、ピルとアフターピルです。ピルは体格によって成分量の異なるピルがあり、日本人など体格の小さなアジア人は低用量ピルとなります。ピルの成分を端的にいうと、女性ホルモンのエチニルエストラジオールやレボノルゲストレル酢酸シプロテロンなどになります。
避妊薬ピルは妊娠を望まない女性が服用するためにアメリカで開発され、現在では世界180ヶ国で1億人の女性が服用しています。開発当初は欧米で人気となったため成分量も多めで、日本人には副作用が強く敬遠されがちでしたが、低用量ピルが開発され日本でも認知度が高まりました。
避妊薬には避妊以外にも効能があり「月経不順の改善」「貧血の改善」「子宮がんや支給内膜症の予防」など、女性ならではの悩みを改善する効果も期待出来ます。

次にアフターピルですが、名前のとおり避妊失敗時の性行為後に服用する薬です。避妊具が破れてしまったり、外出しに失敗した際に服用します。アフターピルは毎日決められた時間に服用する低用量ピルとは違い、性行為の失敗時にのみ服用するタイプです。
服用方法もしっかりと定められており、性行為の72時間以内に服用します。早ければ早いほど避妊の確率が上がると言われています。アイピルなどが有名です。
アフターピルは緊急用に何錠か手元にあれば、安心して性行為を楽しめるでしょう。低用量ピルは、緊急用の効果はなく定期的に使用する必要があります。それぞれにメリットがあるので、目的や用途によって使い分けるのも1つの手です。

効果に関する疑問集


なぜ避妊できるの?

「排卵を遅らせる」「排卵の抑制をする」「受精を防ぐ」「受精卵の着床を防ぐ」ため避妊することができます。。アフターピルは受精卵が着床してからでは効果がないので、着床するまでの時間との勝負になります。そのため、妊娠を防ぐには72時間以内に飲むのが最も効果的です。


どれくらいの避妊率?

性行為後24時間以内で「98%以上」、72時間以内で「95%以上」の確率で避妊できます。しかし72時間を超えると、避妊率は60%にまで下がり妊娠する可能性が高まります。

避妊できたかどうかの判断は?

通常次の月経予定日に出血のある人が多いとされ、月経があった場合に初めて避妊に成功したと分かります。予定日を1週間ほど過ぎても出血がない場合は、妊娠検査薬など用いて検査する必要があります。月経の周期が不規則な人は、3週間ほどを目安にしてください。

服用後の注意点は?

アフターピルを飲んでも、すぐに避妊できたかどうかは分かりません。飲んでから時間が経ってない状態で性行為をすると妊娠する可能性もあります。月経がくるまでは、できるだけ性行為をしないようにするか、細心の注意を払ってしましょう。

副作用はあるの?

一時的に、吐き気などをもよおすことがあります。症状は軽くほとんど24時間以内で治まります。しかし用法・用量を守らないで飲むと、ひどい副作用が起きたりすることもあるの注意してください。

性感染症に効果はあるの?

アフターピルは避妊するための薬なので、クラミジアや淋病などの性感染症には効果はありません。予防するためには、コンドームをつけてもらうことが不可欠です。

ノルレボとは?

日本初のアフターピルで、2011年より発売されています。WHOの必須薬に指定されるほどの効果があり、世界の標準的なアフターピルとして位置づけられています。

モーニングアフターピルとは?

アフターピルとモーニングアフターピルの効果・効能に違いはなく、呼ばれかたが違うだけです。性行為の次の朝に飲むことから「モーニング」と称されています。

アフターピルの通販

アイピル

アイピルの詳細

アイピルはノルレボの「ジェネリック医薬品」で、インドにあるピラマル・ヘルスケア社が製造販売しています。インドは「ジェネリック大国」と呼ばれるほど、ジェネリック医薬品の開発に力を入れてる国です。
ジェネリック医薬品は後発医薬品と呼ぶこともあり、有効成分や効果・効能は新薬と同様にあり新薬より安い値段で販売されています。そのため、ノルレボと同じ効果・効能があり、72時間以内に服用すれば95%以上の避妊効果があります。
排卵の周期を遅らせ、強制的に妊娠をさせない効果も同様にあります。さらにノルレボは2錠服用する必要があるのに対し、アイピルは1錠しか服用しなくてもかまいません。理由として、ノルレボ2錠に含まれてる成分を1錠に凝縮して作られてるためです。

通販サイトを例にすると、ノルレボの値段が「1錠/3,300円」に対しアイピルは「1錠/1,350円」と半額以下の値段で購入することができます。効果・効能に違いはないので、かなりお得な値段に感じるのではないでしょうか?
低用量ピルは、定期的に服用しなければ妊娠を防ぐことができません。飲み忘れをすると妊娠する可能性もあります。しかしアフターピルなら性行為中の避妊に失敗したとしても、その後正しく服用すれば妊娠を防ぐことができます。
もし妊娠したとして中絶費用なども考慮すると、金銭的負担はかなりあります。1錠/1,350円のアイピルなら、金銭的負担はさほどないかと思います。1錠でも手元にあれば安心感は増し、パートナーとの性行為も満足して行うことができるでしょう。

>>アフターピルの効果はこちら

安価な通販はお得!

ネット

購入方法は医者の処方と個人輸入の2種類があります。共にメリットとデメリットが存在します。医者の処方はメリットが安心でデメリットは価格面です。逆に個人輸入による通販は、デメリットが不安でメリットが価格面です。
医者の処方がなぜ高いのか?というと問診料と薬価が個人輸入より高いためです。避妊薬には健康保険による割引は適用されないため、自己負担での購入となります。個人輸入は処方箋も要らず、ネット内で価格競争がある為、利益率を薄めた薄利販売が安価な理由だと思われます。

全く真逆の結果ですが、オススメは「1回目のみ医者から処方を受け、2回目以降は同成分の商品を個人輸入」する方法です。そうする事で、安心と安価の両メリットを授受する事が出来るでしょう。
どちらの避妊薬を選択するにしろ様々な成分量の色々な商品が販売されている為、賢く避妊薬を利用し不幸の無いセックスライフを過ごして頂きたいと願います。通販は病院より安く入手できるので、金銭面が不安な方にはオススメです。

オススメ!

アイピル

緊急避妊薬ノルレボのジェネリックです。性交後、24時間以内の服用で95%の高い避妊率があります。

アイピルを購入

エラワン

次世代の緊急避妊薬です。性交後、3日以内であれば95%、さらに5日以内でも85%の確率で避妊できます。

エラワンを購入

トリキュラー

毎日飲み続ける事で、100%に近い避妊効果のある低用量ピルです。生理痛や生理不順にも効果があります。

トリキュラーを購入

避妊の方法

避妊と言えばコンドームが最も有名ですが、避妊効果は80%と意外に低いです。他の避妊方法も紹介します。

アフターピルQ&A

アフターピルの種類や価格について紹介しています。


アフターピル購入方法

アフターピルは病院で処方してもらうのが一般的ですが、10分の1程度の価格で購入する方法を紹介します。

もしもの時の為のアイピル

もしもの時の為にアイピルを通販で購入した人の体験談です。すべての女性が常備しておきたい薬です。

アフターピルのまとめ

青空

アフターピルの最大のメリットは、コンドームが破れたり犯罪にあった時などの望まない妊娠を防ぐことにあります。アメリカで行われた調査によると、一般的に1年間コンドームを使用した避妊率は約82%とされています。8割以上の高い確率で防げるとはいえ、10人中2人は避妊に失敗することになります。
しかし、アフターピルを使えば性行為後でも95%以上の確率で妊娠を防ぐことができます。性行為後12時間以内なら99.5%と妊娠する可能性は限りなく0に近く、13~24時間以内の服用でも98.5%と妊娠することはほぼありません。
確実に効果を発揮するためには、最低でも72時間(3日)以内に飲まなければなりません。72時間~120時間経過すると60%の避妊率に下がり妊娠する可能性も高くなります。時間との戦いで、避妊に失敗したと思ったらすばやく飲む必要があります。

3日以上経過した状態で慌てて病院に駆け込んでも、手遅れの可能性も少なからずあります。このため値段の安い通販などを利用し、1錠でも手元に置いておくことをオススメします。
望まない妊娠は家族や周りの友人に悪影響を及ぼし、自分自身にもかなりの精神的・肉体的ダメージがあります。さらに、中絶なども考慮するとダメージは計り知れません。金銭的な負担も相当あるかと思います。
性行為を楽しむためにも、数錠手元にあれば心にゆとりもでてくるでしょう。アフターピルは、あなたの心と体を救ってくれる薬です。

アフターピルをオススメの人

女性

・お金を節約したい人
一般的に病院では、アフターピルのノルレボ錠やプラノバール錠を処方されます。ノルレボ錠は2万円近くかかることもあり、プラノーバル錠は1万円前後です。
アフターピルの処方は健康保険を適用することができず、全額自己負担なので予想以上に高額な費用がかかることもあります。検査費なども加味するとさらに出費は増えます。
通販ならノルレボ錠は1錠3,000円前後で販売されており、病院より安く購入できます。さらにノルレボのジェネリック医薬品アイピルなら、1錠1,500円前後と半額以下で購入もできます。
ジェネリック医薬品は製造元が違うだけで、成分や効果・効能に違いはありません。できるだけ安い費用で妊娠を防ぎたい人には、通販のご利用をオススメします。

・不安な気持ちを抱いてる人
「もしかしたら妊娠してるかも…」「気になってしょうがない…」などと不安な気持ちを抱いてる人はアフターピルを使用したほうが良いでしょう。
不安を抱いてると、日常生活に支障がでることもあります。効果を最大限に発揮できる時間は「72時間以内」と決して長くはありません。
妊娠検査薬は1週間ほど経過しなければ、正しい結果がでないこともあります。それまで何もしないでおくと、取り返しのつかない事態になりかねません。
望まない妊娠を防ぐためにも、心あたりがあるならご使用をオススメします。

・疾患のない人
アフターピルは肝機能に疾患があると、負担がかかり病状が悪化することもあります。また副作用として吐き気や頭痛などがでることもあります。
疾患がある人や、体調が思わしくない人は念のため使用を控えたほうがいい場合もあります。アフターピルは元々副作用が少なく、でたとしても数日ほどで治まります。
体調が良好な人は問題なく使用できるので、気になったり不安な人はご使用をオススメします。

・仕事や趣味で忙しい人
仕事や趣味で忙しくて、病院に行く暇がない人にはオススメです。事前に通販で購入し万が一の時の備えとして携帯しておくと、安心して彼との楽しい一時を過ごせるでしょう。
通販なら24時間利用でき、空いた時間で手軽に買えるので忙しい人には向いています。

避妊薬の購入はこちら
避妊薬の効果・効能
アフターピルの詳細
避妊薬の売れ筋ランキング
避妊・中絶とは?
避妊薬の体験談
低用量ピルのマーべロン
避妊薬の効果・効能
アフターピルの効果
緊急避妊薬エラワンの効果
低用量ピルトリキュラーの効果
アフターピルの詳細
アフターピルの副作用
アフターピルのQ&A
アフターピルの購入方法
避妊・中絶とは?
避妊の方法
病院での避妊
中絶について
避妊薬の体験談
もしもの時の為のアイピル
ツアーガイドの必須アイテム
避妊薬をもっとメジャーに
避妊薬を飲ませたがる理由
風俗と避妊薬

Copyright (C) 2016 アイピルで妊娠阻止! All Rights Reserved.